2015年8月25日火曜日

インド工科大学 学生寮編

学生寮について書く。

インド工科大学の学生は、ほぼ全て大学敷地内にある寮に住んでいる。
(教授も沢山住んでるらしい)

ということで私も例から漏れず、学生寮に入る事にした。
沢山の学生用の建物が有る中で、私が割り当てられたのはpampaホステルだ。

ホステルは、入学希望を出した時点で勝手に決められている。

7階建てのコンクリ鉄筋。。。鉄筋は入っていると思う建物であり、エレベータがあるので昇降は非常に簡単だった。
(インドでは一階をGフロアと呼ぶので6Fの建物)

ちなみに6階でエレベーターのボタンを押すと二つのエレベーターが同時に上ってくる。

一つしか使わないっつーの!!


インドでは、飲み水が重要なので、全ての階にウォーターサーバーが完備されていて
タダで安全な水が飲み放題だった。(お湯と常温水と冷水が出る)
ライフライン:ウォーターサバー

部屋自体はお世辞にも綺麗とは言えないけれど、そこそこ広くて、机と椅子二個とベッドがある。
ベットに敷く布団は自分で買う。学校内のコンビニでバネ付きの良い敷き布団は8000ルピー、安いやつは1000ルピーで購入出来る。
なお、掛け布団はいらない。アツすぎるので。

部屋の様子:六畳くらいのコンクリ

バケツはシャワーの時に使います

部屋にエアコンは無い。しかし、巨大リゾートレストランとかの天井で回っている扇風機が常に回転しているので、心地よい強めの気流が発生していて思ったより暑くない。
しかし、扇風機をまわさないと死ぬ。。。

レストランとかで見る扇風機

シャワーは温水は出ない。というか水のバルブしか無い。
少し離れた所にある温水器からバケツにお湯を汲んできて使います。

また、日中のシャワーはお湯しかでない。

毎朝と毎晩、インド人学生は部屋から腰にバスタオルを巻いて、シャワーを浴びに行き、びしょびしょのまま歩いて部屋に戻っている。

やたらと気温が高いので体はすぐに乾くから気にしない。

俺の部屋

おすすめのページ
インド工科大学の学食
学食その2 
フェニックスマートと日本食屋 
電車40時間の旅
備忘録: インド工科大学(IIT) 内部を動画で!





0 件のコメント:

コメントを投稿